MENU
身だしなみお料理のときに便利・快適ワザ季節の飾り
きれいになろう簡単レシピ節約ワザマナー
旬の食べ物健康な毎日を法律・制度のこと
ナチュラルライフプレゼントもらえるかも
植物と暮らそう
リフレッシュ&リラックス

夏のスキンケア&メイク

夏は、紫外線が気になるものの、汗でメイクがくずれちゃう。そんな悩みを解消できるかも。今一度、スキンケア& メイクをおさらいしてみました。

  • 朝のケア

1、化粧水 2、乳液 3、収れん化粧水。この順番でコットンを使いましょう。乳液はちょっとと思いがちですが、化粧崩れを防ぎます。 収れ ん化粧水は、皮脂の分泌を抑えます。

  • 日焼け止め

リキッドタイプ、大人なら1円玉大くらいを、両頬、額、鼻、あごの5箇所にちょんちょんと付けて、内側から外側にのばします。 髪の生え際やフェースライン、耳なども忘れずに。

  • ファンデーション

密着性が高く崩れにくいリキッドファンデーションがおすすめ。日焼け止めと同じ要領で塗ります。最後にパウダーで仕上げます。 下から上へ軽くおさえるようにするときちんと仕上がります。

  • 顔以外の日焼け止め

腕の内側足の裏側、指先、首の後ろなどが忘れがちです。

  • 崩れ対策

あぶら取り紙で余分な皮脂を取って、ミストを軽くひと吹き。軽くティッシュでおさえてから、パウダーで仕上げれば、 化粧崩れもだいぶ収まります。ひどいときは、クレンジングシートなどでふき取ってから、下地クリームを塗り、ファンデーションで直します。

<メイクや日焼け止めの落とし方>

メイクが落としきれていないとくすみのもとになります。

専用リムーバーを使い、アイライナーやマスカラ、口紅を落としましょう。アイメイクを落とすときに使えるのがコットン。 目の際などはすべらせるように拭きましょう。

日焼け止めは専用クレンジングなどを使うと、ウォータープルーフのものはきちんと落ちます。ウォータープルーフ出ない場合は、 洗顔料やボディソープなどを使って良くあわ立ててから丁寧に落としましょう。

洗顔が終わったら、乳液などで保湿をするのを忘れないように。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。