MENU
身だしなみお料理のときに便利・快適ワザ季節の飾り
きれいになろう簡単レシピ節約ワザマナー
旬の食べ物健康な毎日を法律・制度のこと
ナチュラルライフプレゼントもらえるかも
植物と暮らそう
リフレッシュ&リラックス

ボジョレ・ヌーボー

フランスのブルゴーニュ地方、ボジョレ地区の新酒です。
ガメイというブドウの品種から作ったワインで、フルーティでフレッシュな香りと味わいが楽しめます。

解禁日は毎年11月の第3木曜日。
時差の関係で本場フランスよりも日本で一足先に飲むことができます。

続きを読む


冬瓜(トウガン)

冬の瓜と書いて、トウガン。

でもコレ、れっきとした夏野菜です。

実は、盛夏に収穫し、冬まで保存できることから名づけられたそうです。

冬瓜の皮は、すい臓の昨日を回復させ、新陳代謝をよくするので、糖尿病にも効果があります。

また、利尿作用が高いので、ダイエット、むくみ解消にも効果大。

意外なのが、汗の臭いが気になる人にもお勧めだそうです。

冬瓜の選び方は、・・・切り口が黄色でないものを。

 

プルーン

西洋すももの一種。

欧米ではミラクルフルーツと呼ばれることも。

栄養価が高く、特に食物繊維・鉄分・ミネラルが多く含まれており、健康と美容を気にする女性にはお勧めです。

ドライプルーンの他に、生プルーンも。

10月頃までには生のプルーンが手に入る。

 

この時期のおいしいもの

鮎は、独特の芳香のため「香魚」とも呼ばれます。
味と香りは水質と石苔で、左右されるとか…。
天然モノの鮎は夏土曜の時期が一番おいしいそうです。
塩焼きや背越しにして、召し上がれ。
茗荷(ミョウガ)は初夏から秋にかけて出回ります。
日本独自の香味野菜で、香りと歯ごたえがあります。
暑い夏の食欲増進にどうぞ。
糠漬け、千切りでお刺身に添えてなど召し上がり方はいろいろ。
盛夏のころがもっともおいしいと言われる桃。
甘くて、柔らかな口当たりと、豊潤な甘い香りがします。
産地は、岡山が有名です。
桃太郎も岡山のお話だそうです。
夏野菜の代表格の茄子。
炒め物、揚げ物、てんぷらなど油を使った料理が美味。
トマトやズッキーニなどと一緒に煮込んで
ラタトゥーユも夏にオススメ。
ナスと並ぶ夏野菜の代表格のトマト。
最近は、フルーツトマトの人気が高い。
トマトに含まれる赤い色素の主成分リコピンには、
活性酸素を消去するはたらきがあるといわれています。
海水浴でスイカ割、花火を見ながら縁側で…。
夏の風物詩のスイカ。
最近は、サイズもいろいろ、種なしなどもあります。
低温で冷やすと甘味が増します。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。